Reuters logo
台湾次期総統、新政権の経済重視姿勢強調 中国には言及せず
2016年3月15日 / 06:46 / 2年前

台湾次期総統、新政権の経済重視姿勢強調 中国には言及せず

 3月15日、台湾の蔡英文次期総統は、新政権で行政院は経済と金融問題に最優先で取り組むとする一方、中国については言及しなかった。台北市で撮影(2016年 ロイター/Tyrone Siu)

[台北 15日 ロイター] - 台湾の蔡英文次期総統は15日、新政権で行政院は経済と金融問題に最優先で取り組むとする一方、中国については言及しなかった。

蔡氏は1月の総統選で圧勝し5月に新政権が発足する。行政院長に元財政部長の林全氏を起用することを正式に発表した。

蔡氏は記者団に「林氏が率いる行政院は金融・経済重視というだけでなく、実行と対話の能力を備えたものとなる」と発言した。メディアからの質問は受けず、中国についての言及もなかった。

中国は蔡氏と同氏が率いる民進党が選挙で勝利して以来、独立に向けた動きに対して繰り返し警告をしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below