Reuters logo
タカタの補償基金監督責任者に前FBI長官指名の方針=米判事
2017年4月6日 / 22:41 / 7ヶ月前

タカタの補償基金監督責任者に前FBI長官指名の方針=米判事

[ワシントン 6日 ロイター] - デトロイトの米連邦地裁のジョージ・スティー判事は6日、タカタ7312.Tがエアバッグ欠陥問題に絡んで設立する補償基金の監督責任者として、ロバート・ミュラー前連邦捜査局(FBI)長官を指名する方針を明らかにした。

タカタは1月に米司法省とこの問題で和解し、第3者が管理する2つの補償基金を立ち上げることに合意。1つはリコール(回収・無償修理)を行う自動車メーカー向けに8億5000万ドル、もう1つは被害者向けに1億2500万ドルを拠出する。

ミュラー氏は、独フォルクスワーゲン(VOWG_p.DE)の排ガス不正問題を巡る民事訴訟で和解協議に携わった。

スティー判事は、タカタの補償基金監督責任者へのミュラー氏起用案に関するヒアリングを開催した上で、最終判断する意向だ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below