Reuters logo
MLB=田中とダルビッシュがともに敗戦投手
2017年7月10日 / 02:06 / 2ヶ月前

MLB=田中とダルビッシュがともに敗戦投手

 7月9日、MLBヤンキースの田中将大投手は、地元でのブルワーズ戦に先発登板。今季8敗目を喫した(2017年 ロイター/Noah K. Murray-USA TODAY Sports)

[9日 ロイター] - 米大リーグ(MLB)は9日、各地で試合を行い、ヤンキースの田中将大投手は、地元でのブルワーズ戦に先発登板。2本塁打を浴び、4回1/3を6安打、2四死球、5三振、5失点の成績で、今季8敗目(7勝)を喫した。ヤンキースは3─5で敗戦した。

レンジャーズのダルビッシュ有投手は、地元でのエンゼルス戦に先発登板。7回1/3を投げ、3安打、4四球、6三振、2失点の内容で今季8敗目(6勝)を喫した。レンジャーズは0─3で敗戦。

アストロズの青木宣親外野手は、敵地でのブルージェイズ戦に7回から1番・右翼で途中出場し、2打数1安打、1打点、1得点の成績だった。アストロズは19─1で圧勝。

マーリンズのイチロー外野手は、敵地でのジャイアンツ戦に6回に代打で出場するも、1打数ノーヒットに終わった。

マーリンズの田沢純一投手は同点の8回途中から6番手として登板。2/3回を無安打、無四球、無失点に抑えた。マーリンズは10─8で勝利した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below