Reuters logo
日銀9月短観、円高で企業の慎重姿勢続く 金融政策への影響限定的
2016年10月3日 / 00:06 / 1年前

日銀9月短観、円高で企業の慎重姿勢続く 金融政策への影響限定的

 10月3日、日銀が3日発表した9月全国企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の業況判断DIが横ばいとなる一方、同非製造業は3期連続で悪化した。都内で2月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 3日 ロイター] - [東京 3日 ロイター] - 日銀が3日発表した9月全国企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の業況判断DIが横ばいとなる一方、同非製造業は3期連続で悪化した。短観からは海外経済に落ち着きの兆しがうかがわれるものの、円高進行を背景に慎重姿勢も根強い。市場では、日銀の金融政策への影響は限定的との見方が多い。

大企業・製造業の業況判断DIは、事前の市場予想で前回6月調査から1ポイント改善のプラス7が見込まれていたが、結果はプラス6と予想を小幅に下回った。プラス6という水準は3四半期連続。

一方、同非製造業は市場予想で1ポイント悪化のプラス18が見込まれており、結果はこれと同水準だった。悪化は3四半期連続で、2014年12月調査のプラス16以来の低い水準となった。

前回6月調査に反映されなかった英国のEU離脱(ブレグジット)の影響については、直後に不安定化した市場が落ち着きを取り戻したこともあり、日銀幹部によると、企業からブレグジットを大きく不安視する声は聞かれなかったという。国際商品市況も持ち直すなか、鉄鋼の業況判断DIがゼロと前回調査から12ポイントの大幅改善を示すなど、短観からは海外経済の落ち着きもうかがわれる。

一方、前回調査以降、為替市場でドル/円は100円台前半を中心に推移。円高圧力の継続が、製造業を中心とした企業の業況感を慎重にさせている面がありそうだ。大企業・製造業の2016年度の想定為替レートは1ドル=107.92円と前回調査の111.41円から円高方向に修正されたが、足元の101円台にはまだ開きがある。

業種別の業況判断DIでは造船・重機等やはん用機械などが悪化。16年度の事業計画をみても、売上は大企業・製造業の輸出が前年度比3.7%減に下方修正となった。経常利益も大企業製造業は同14.6%減に下方修正され、特に加工業種は同19.4%減と大きな減益を見込んでおり、円高が影響している可能性がある。

大企業・全産業の設備投資計画は、事前の市場予想で同6.8%増が見込まれていたが、結果はこれをやや下回る同6.3%増となった。日銀では、製造業、非製造業ともに過去の平均に比べて高い水準で推移していると説明しているが、市場では「6月比ほぼ横ばいで、低調なまま。ここに真の企業センチメントが隠されているように思われる」(三井住友銀行・チーフストラテジストの宇野大介氏)と慎重な見方も少なくない。

日銀は9月21日の金融政策決定会合で、金利を操作対象とする「長短金利操作付き量的・質的金融緩和(QQE)」を導入したが、市場では今回の短観の金融政策への影響は限定的との指摘が多い。

SMBC日興証券・チーフマーケット・エコノミストの丸山義正氏は「9月会合で新たな枠組みを打ち出したばかりでもある。追加緩和という思惑にすぐさまつながる話でもないだろう」と指摘している。

*本文の脱落部分を修正しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below