Reuters logo
テニス=決勝はバブリンカ対ナダル、全仏OP男子シングルス
2017年6月10日 / 02:19 / 3ヶ月前

テニス=決勝はバブリンカ対ナダル、全仏OP男子シングルス

 6月9日、テニスの四大大会第2戦、全仏オープン男子シングルス準決勝、第3シードのスタン・バブリンカと第4シードのラファエル・ナダル(写真)が決勝に進んだ(2017年 ロイター/Pascal Rossignol)

[パリ 9日 ロイター] - テニスの四大大会第2戦、全仏オープンは9日、パリで男子シングルス準決勝を行い、第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)と第4シードのラファエル・ナダル(スペイン)が決勝に進んだ。

2015年大会の王者バブリンカは第1シードのアンディ・マリー(英国)にフルセットで勝利。ナダルは第6シードのドミニク・ティエム(オーストリア)を6─3、6─4、6─0で下し、同大会10回目の優勝まであと1勝とした。

バブリンカとナダルは全仏オープンでは過去に1回だけ対戦。2013年大会の準々決勝でナダルがストレート勝ちを収めた。

ナダルは報道陣に対し「最後はタフな相手との戦い。彼(バブリンカ)は厳しい試合を制したので、自信に満ちた状態で決勝を迎えるはず」とコメント。「彼はとても強いショットが打てる危険な選手。彼に対して積極的なプレーをしなければ、大きなトラブルに陥る」と警戒を高めた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below