Reuters logo
テニス=全仏優勝のナダル、エイゴン選手権欠場
2017年6月14日 / 02:22 / 3ヶ月前

テニス=全仏優勝のナダル、エイゴン選手権欠場

  6月13日、男子テニスで今年の全仏オープン(OP)を優勝した世界ランキング2位のラファエル・ナダル(31、スペイン)が、来週開幕するエイゴン選手権を欠場すると大会主催者が発表した。11日にパリで撮影(2017年ロイター/Pascal Rossignol)

[13日 ロイター] - 男子テニスで今年の全仏オープン(OP)で優勝した世界ランキング2位のラファエル・ナダル(31、スペイン)は、来週開幕するエイゴン選手権を欠場する。大会主催者が13日発表した。

医師から休養を勧告されたナダルは「この決定をするのは悲しい。(大会会場の)クイーンズ(・クラブ)を愛しているし、2008年には優勝した。ウィンブルドン(選手権)決勝に進出した時は、いつもクイーンズでプレーした後だった」と述べた。

そして「数日の休息で準備が整うことを望んだが、31歳になり、長いクレーコートのシーズンをプレーし全ての情熱を全仏OPに捧げた後、チームドクターと話し、ウィンブルドン選手権(7月3日開幕)でプレーするために休息が必要だと決断した」と話した。

エイゴン選手権には世界ランキング1位で前回王者のアンディ・マリー(英国)、全米OP優勝のスタン・バブリンカ(スイス)、2014年優勝のグリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)、前回準優勝のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が出場する。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below