Reuters logo
景気は「警戒感もってみる必要」、先行き楽観視できず=前原経財相
2012年11月16日 / 03:32 / 5年前

景気は「警戒感もってみる必要」、先行き楽観視できず=前原経財相

11月16日、前原経済財政相は景気の先行きについて、世界経済の下振れや金融資本市場の変動など景気下押しリスクがあると述べ、「警戒感をもってみる必要がある」と述べた。写真は10月撮影(2012年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 16日 ロイター] 前原誠司経済財政相は16日、閣議後の会見で、景気の先行きについて、世界経済の下振れや金融資本市場の変動など景気下押しリスクがあると述べ、「警戒感をもってみる必要がある」と述べた。

厳しい経済の現状認識を踏まえ、政府として予備費を活用した第2弾の経済対策と補正予算を視野に入れた第3弾の経済対策を11月30日に決定する方針を明らかにした。衆院解散・総選挙に突入し、補正予算案の処理は来年にずれ込むことになるが、野田政権としての姿勢を明確にする必要があると判断した。

<経済の先行き 楽観視できない>

政府は11月月例経済報告で、景気の基調判断を4カ月連続で下方修正した。4カ月連続の下方修正は、リーマン・ショック直後の2008年10月から2009年2月に5カ月連続で下方修正して以来。堅調に推移してきた設備投資や個人消費など内需の判断を引き下げたことが要因で、先行きも「当面は弱い動きが続く」と慎重な判断を示している。

先行きについて前原担当相は、米国や中国の経済指標に明るさもみられるが、米国の「財政の崖」問題、予断を許さない欧州情勢を踏まえると「楽観視できない」と述べ、「警戒感をもってみていく必要がある」と警告した。

<第2弾・第3弾の対策で切れ目ない対応>

そのうえで、足元の経済状況が「厳しさを増している」ことから、予備費を活用した第2弾の経済対策と、補正予算を視野に入れた第3弾の経済対策で「切れ目ない経済対策を講じていきたい」と語った。

第2弾の対策は「緊要性のあるもの、即効性のあるもの、復興・復旧、日本再生戦略に資するもの」とし、財源には経済危機対応・地域活性化予備費と復興予備費の予備費を充てる。両予備費の残りは9406億円。国費ベースでは最大でも9400億円強となる見通し。「予備費をフルに活用するなかで、経済の足元を固め、日本再生戦略で掲げた日本経済の体質改善につなげたい」と語った。

さらに、前原担当相は「経済状況の厳しさを考えれば、9400億円余りの予備費を全て使っても十分ではない」とし、「経費削減によって生まれた剰余金や税収増、さまざまなものを使って、補正を組むことが、今後どのような政権になるにしても必要になるのではないか」と述べ、第3弾の経済対策とりまとめの必要性を強調。

解散・総選挙で補正予算の成立は来年に持ちこされ新政権で見直される可能性も残るが、「野田政権が継続するとの前提で、しっかりした補正予算を今月中にまとめたい」とし、「どのような政権になろうとも、来年の本予算編成までの補正予算が必要との認識のなかで、野田政権としての姿勢を示していく」と説明した。

経済対策では、財政措置を伴う施策とともに、「規制制度改革や円高対応緊急ファシリティのさらなる有効利用をはじめとする民間の融資・出資の促進策など、財政措置を伴わない施策」もパッケージとしてとりまとめる。

<第3極大同連合、野合と言われないよう政策の詰めを>

総選挙に関連しては「3年2カ月の民主党政権の総括が問われる。われわれとしてはできなかったことは率直に謝らなければならないが、巷間言われるように『総崩れ』とか『何もできていない』ではないと思っている」と述べた。「さまざまな民主党政権の功罪がある」としながらも、「方向性は間違っていない」とも指摘。功罪を率直に認め、「引き続き政権を担わせていただけるよう国民に訴えていきたい」と語った。

一方で、石原前都知事率いる「太陽の党」や橋下大阪市長率いる「日本維新の会」など、選挙選での台風の目となりそうな第三極が大同連合を模索する動きが激しさを増している。

前原担当相は「第3極の連携・統合は政権を目指して行われるという風に理解しているが、われわれ3年2か月の自戒も含めて、政策の一致がなければ与党としての政権運営は大変だ。とにかく集まればよい、ひとつの塊で議席をとって政権をとった場合、日本は大変なことになるのではないかと心配を持っている」と懸念し、「政策をしっかり一致したうえで統合されなければ、後に国民に大変な責めを負わせることになる。やはり選挙互助会だったのか、野合だったのかと言われることのないよう、詰めをしっかりやってもらいたい」とした。

(ロイターニュース 吉川 裕子;編集 内田慎一)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below