Reuters logo
テニス=デビス杯決勝、チェコがダブルスを制して王手
2012年11月18日 / 03:17 / 5年前

テニス=デビス杯決勝、チェコがダブルスを制して王手

11月17日、男子テニスの国別対抗戦、デビス杯のワールドグループ決勝、チェコがダブルスでスペインに勝利しタイトルに王手。写真はチェコのベルディハ(右)、ステパネク組(2012年 ロイター/David W Cerny)

[プラハ 17日 ロイター] 男子テニスの国別対抗戦、デビス・カップ(杯)のワールドグループ決勝は17日、プラハでダブルスの1試合を行い、地元のチェコが前回覇者スペインに勝利し、通算2勝1敗としてタイトルに王手をかけた。

チェコはトマーシュ・ベルディハ、ラデク・ステパネク組がスペインのマルセル・グラノジェルス、マルク・ロペス組に3─6、7─5、7─5、6─3で逆転勝ちした。

ベルディハは、最初はスペイン組のプレースタイルに戸惑ったとしながらも、次第に慣れて自分たちのプレーができるようになったとコメント。「あと1ポイントとらなければいけないが、明日は大変な強敵を相手にハードな2試合になる。ひとつずつ戦っていきたい」と述べた。

18日にはシングルス2試合が行われ、世界ランク6位のベルディハは第1試合で同5位のダビド・フェレールと対戦する。第2試合はステパネクがニコラス・アルマグロと戦う予定。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below