Reuters logo
サッカー=コリンチャンス監督、チームの団結力に自信
2012年12月12日 / 03:36 / 5年前

サッカー=コリンチャンス監督、チームの団結力に自信

12月11日、サッカーのクラブ世界一を決めるクラブW杯は12日に準決勝を行い、南米代表のコリンチャンスはアフリカ代表のアルアハリと対戦。コリンチャンスのチッチ監督(写真)はチームの団結力に自信をのぞかせた(2012年 ロイター/Toru Hanai)

[豊田 11日 ロイター] サッカーのクラブ世界一を決めるクラブワールドカップ(W杯)は12日に準決勝を行い、南米代表のコリンチャンス(ブラジル)はアフリカ代表のアルアハリ(エジプト)と対戦する。

コリンチャンスは今年7月まで行われたリベルタドーレス杯を14戦無敗の好成績で初優勝。クラブW杯ではヨーロッパ代表のチェルシー(イングランド)と頂点を争うことが予想されている。

コリンチャンスはヨーロッパ風のプレッシングスタイル、伝統であるチームワークと優れた連携プレーが特徴で、チッチ監督は「それはこのチームの本当の強みだ。自分のことしか考えない選手たちばかりを抱えているなら、それは失敗への第一歩」と語り、チームの団結力に自信を見せた。

そして、チームのためにプレーすることは個の躍動を否定するものではないと話すチッチ監督は「一丸となって戦うことで誰もが輝けるチャンスがあるということを、選手は理解している」と述べた。

チームが日本に出発する際にはファン約1万5000人が空港に駆けつけており、ほぼ同人数のファンが来日すると予想されるなど、ブラジル国内の熱狂度も高い。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below