Reuters logo
今日の株式見通し=続伸、円安進行受け輸出株中心に買い
2012年12月12日 / 23:02 / 5年前

今日の株式見通し=続伸、円安進行受け輸出株中心に買い

[東京 13日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は続伸が見込まれている。12日の米国株式市場はほぼ変わらずとなったが、円相場の下落が支援材料となり、東京市場は買いが先行する見通し。主力輸出株を中心に物色されやすいという。

またきょうは日経平均先物・オプション12月限の最終売買日で、期先へのロールオーバーは進んでいるものの、権利行使価格9750円に接近する場面では短期筋による仕掛け的な動きも出やすいとみられている。

日経平均の予想レンジは9600円―9750円。

12日の米国株式市場はほぼ横ばいで終了した。バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長が連邦公開市場委員会(FOMC)終了後の会見で、年明けに減税失効と歳出の自動削減開始が重なる「財政の崖」の影響を相殺するには金融政策では不十分との見方をあらためて示したことを受け、この日の上昇分がほぼ打ち消された。一方、外為市場では16日の総選挙後に、日銀が一段と積極的な追加緩和に動くとの観測から円安が進行。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)は大証終値比90円高の9670円となっており、東京市場は主力輸出株を中心に買い先行が見込まれている。

またきょうは日経平均先物・オプション12月限の最終売買日。市場では「期先へのロールオーバーは順調に進んでいるが、日経平均が9700円を超えてくれば権利行使価格9750円での攻防を見越した短期筋が先物への買い仕掛けを強める可能性がある」(準大手証券)との声が出ている。

きょうの主なスケジュールでは、アジュバンコスメジャパン(4929.T)が東証2部に、コロプラ(3668.T)が東証マザーズに新規上場する。海外では、11月米卸売物価指数、11月米小売売上高などが発表されるほか、欧州連合(EU)首脳会議(14日まで)が開催される。

(ロイターニュース 杉山容俊)

*情報を追加します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below