Reuters logo
今日の株式見通し=しっかり、買い一巡後は決算にらみで個別物色へ
2013年1月29日 / 23:02 / 5年前

今日の株式見通し=しっかり、買い一巡後は決算にらみで個別物色へ

[東京 30日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均はしっかりの展開が予想される。前日の米国株高を好感し主力株に買いが先行。朝方は1万0900円を試すことになりそうだ。一方、為替市場ではユーロに対して円安が進んでいるものの、対ドルでは狭いレンジの動きになっている。為替に変動がなければ、取引時間中は本格化している企業決算をにらんだ個別物色が中心となりそうだ。

日経平均の予想レンジは1万0800円―1万1000円。

前日の米国株市場は医薬品大手ファイザー(PFE.N)の好決算などを受けてディフェンシブ銘柄中心に買いが入り、ダウ工業株30種.DJIが終値ベースで2007年10月15日以来約5年3カ月ぶりの高値で引けた。世界的な安全資産からリスク資産へのシフトの流れは東京市場にも引き継がれ、朝方は主力株に買いが先行するとみられる。

一方、為替市場は30日の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明発表や2月1日の1月米雇用統計を控えて狭いレンジの動きが見込まれている。「日経平均1万0900円台では戻り売りなどが出やすい。米ハイテク決算の一部には弱いものもある。買いが先行しても円安の追い風がないと取引時間中に上値は追いづらい」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出ている。

ファナック(6954.T)、コマツ(6301.T)など主力企業の業績下振れがマーケット全体に与える影響は限定的とみられるが、今後も業績下方修正が相次ぐようであれば楽観的なムードに水を差す懸念もある。前日急落した新興株市場の動向も注目される。

きょうの主なスケジュールは、キヤノン(7751.T)、アドバンテスト(6857.T)、日立建機(6305.T)、任天堂7974.OS、NTTドコモ(9437.T)などが決算発表を予定している。海外では10―12月期米GDP速報値(商務省)、1月全米雇用報告(ADP)、米住宅ローン・借換え申請指数(米抵当銀行協会)などの経済指標が発表される。

(ロイターニュース 河口浩一)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below