Reuters logo
米軍がF22戦闘機を韓国に派遣、合同訓練に参加
2013年3月31日 / 23:02 / 4年前

米軍がF22戦闘機を韓国に派遣、合同訓練に参加

3月31日、米軍はF22ステルス戦闘機を米韓合同の軍事訓練に参加させるため、沖縄の嘉手納基地から韓国の烏山空軍基地に派遣した。写真はF22ステルス戦闘機。ネバダ州で昨年3月撮影。米空軍提供(2013年 ロイター)

[ワシントン 31日 ロイター] 北朝鮮が韓国との「戦争状態」を宣言するなど強硬姿勢を強める中、米軍は31日、F22ステルス戦闘機を米韓合同の軍事訓練に参加させるため、沖縄の嘉手納基地から韓国の烏山空軍基地に派遣した。

在韓米軍は声明は、「(北朝鮮は)脅迫や挑発を行っても何も達成できない。そうした行為は、北朝鮮をさらに孤立化させ、北東アジアの平和と安定を目指す国際社会の努力を台無しにする」と強調した。

北朝鮮の金正恩第1書記は29日、ロケット部隊に対して、韓国と太平洋の米軍基地を攻撃するため待機命令を発令。翌30日には韓国と「戦争状態」に突入するとの特別声明が発表された。

一方、米軍は28日、核兵器を搭載できレーダーに探知されにくいステルス型のB2戦略爆撃機を訓練に投入。米軍がB2の訓練投入を公表するのは異例で、北朝鮮による一連の挑発行為をけん制する狙いがあるとみられている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below