Reuters logo
NBA=ロックアウト解消、新労使協定を双方が承認
2011年12月9日 / 05:02 / 6年前

NBA=ロックアウト解消、新労使協定を双方が承認

[ニューヨーク 8日 ロイター] 米プロバスケットボール協会(NBA)のオーナー側と選手側は8日、10年間の労使協定を承認し、5カ月に及んだロックアウト(施設封鎖)が正式に解消された。

 12月8日、NBAのオーナー側と選手側は10年間の労使協定を承認し、5カ月に及んだロックアウトが正式に解消された。マイアミで6月に代表撮影(2011年 ロイター)

また、今季の開幕日が12月25日となり、シーズンが66試合に短縮して行われることも承認された。キャンプインとフリーエージェント(FA)の認可は9日から始まる。

新労使協定では、収益配分比率は選手とオーナーの間で50%ずつとなる。

NBAのデービッド・スターン・コミッショナーは声明で「新協定によって、より良いビジネスモデルへ向かうことができる」と話した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below