Reuters logo
三菱自、2012年末に欧州生産撤退
2012年2月6日 / 05:32 / 6年前

三菱自、2012年末に欧州生産撤退

[東京 6日 ロイター] 三菱自動車工業(7211.T)は6日、欧州にあるオランダ工場の車両生産を2012年末で終了すると発表した。欧州には日本とタイから車両を供給する。

2月6日、三菱自動車工業は、欧州にあるオランダ工場の車両生産を2012年末で終了すると発表した。都内で2008年2月撮影(2012年 ロイター/Toru Hanai)

08年9月のリーマン・ショック以降、欧州での販売が減少していたことに加え、コスト面でも競争力がなくなり、同工場の活用の見通しが立たなくなった。

同社の欧州販売は11年3月期に21万8000台となり、ピークの08年3月期(約34万台)に比べて3割以上減少した。今後はタイなど新興国での生産拡大に経営資源を集中する。

同工場では欧州向けの小型車「コルト」とスポーツ多目的車(SUV)「アウトランダ―」の生産を行っているが、12年末で両車両の生産を終了し、13年以降は新たな生産車両を投入しないことにした。13年以降の同工場の存続については決定しておらず、労働組合など関係者と協議を始める。

同工場の従業員数は約1500人。91年に三菱自、スウェーデンのボルボ、オランダ政府の合弁事業としてスタート。01年に三菱自が全株式を取得し、100%子会社としていた。同社の11年3月期の世界生産台数は約110万台だが、そのうちオランダ工場は約5万台にとどまっていた。

(ロイターニュース 杉山健太郎;編集 田中志保)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below