Reuters logo
シリア軍砲撃で米記者と仏カメラマン死亡、メディアセンターに着弾
2012年2月23日 / 01:52 / 6年前

シリア軍砲撃で米記者と仏カメラマン死亡、メディアセンターに着弾

2月22日、活動家らによると、シリア西部の都市ホムスで米国人記者のメリー・コルビン氏(右)とフランス人カメラマンのレミ・オシュリク氏が、砲撃に巻き込まれて死亡した。提供写真(2012年 ロイター)

[アンマン/ベイルート 22日 ロイター] シリア政府軍の激しい砲撃が続く西部ホムスで22日、米国人記者のメリー・コルビン氏とフランス人カメラマンのレミ・オシュリク氏が、砲撃に巻き込まれて死亡した。人権活動家や目撃者が明らかにした。

2人は、ホムスの反体制派拠点、バブアムロ地区にあるメディアセンターとして利用されていた施設に滞在していたという。目撃者によると、政府軍が同施設を砲撃し、2人は避難しようとした際にロケット弾を受けたという。

コルビン氏は英紙サンデー・タイムズに勤務。2001年にスリランカで取材中、爆発の破片で片目を失明し、それ以降は黒い眼帯を付けるようになった。オシュリク氏は1983年生まれのカメラマン。これまでにチュニジア、エジプト、リビアでの反政府運動を取材してきた。2人はいずれも過去に受賞経験もあり、中東やアジアなどで戦場ジャーナリストとして活躍していた。

この日ホムスでは、政府軍による砲撃で80人以上が死亡。人権団体によると、英国人カメラマンのポール・コンロイ氏と仏紙フィガロに勤めるエディット・ブービエ氏も負傷しており、ブービエ氏は重体だという。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below