Reuters logo
アップルなど6社、アプリのプライバシー保護強化で加州と合意
2012年2月23日 / 04:37 / 6年前

アップルなど6社、アプリのプライバシー保護強化で加州と合意

2月22日、米カリフォルニア州のハリス司法長官は、モバイル端末で利用されるアプリを手掛ける大手6社とプライバシー保護強化で合意したと発表した。6日撮影(2012年 ロイター/Kacper Pempel)

[サンフランシスコ 22日 ロイター] 米カリフォルニア州のハリス司法長官は22日、モバイル端末で利用されるアプリを手掛ける大手6社とプライバシー保護強化で合意したと発表した。

合意したのはアマゾン(AMZN.O)、アップル(AAPL.O)、グーグル(GOOG.O)、マイクロソフト(MSFT.O)、リサーチ・イン・モーションRIM.TO、ヒューレット・パッカード(HPQ.N)。6社は自社のプラットフォームにおいて、アプリがダウンロードされる前に、利用者の個人情報がどのように利用されるか明示する必要がある。

ハリス司法長官は、現在最も人気のあるアプリ30個のうち、プライバシーに関する告知をしていないものは22個に上ると指摘。一部のアプリは、ダウンロードの際に利用者の連絡先データを無断使用しているものもあるという。

グーグルは声明で、カリフォルニア州との合意を受け、同社の基本ソフト(OS)「アンドロイド」利用者に対し、個人情報に関する告知をさらに徹底すると表明。アップルは合意について認めたが、詳細には触れなかった。

6社は、アプリ開発業者が今回の合意を順守しているか、半年後に評価し、ハリス司法長官に報告する。同長官は、業者が合意を守らない場合、告訴も辞さないとしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below