Reuters logo
サッカー=マンCのマンチーニ監督、テベスの謝罪を受諾
2012年2月23日 / 04:13 / 6年後

サッカー=マンCのマンチーニ監督、テベスの謝罪を受諾

[ロンドン 22日 ロイター] サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティー(マンC)のロベルト・マンチーニ監督は22日、カルロス・テベス(28)の謝罪を受け入れたことを明らかにした。

2月22日、サッカーのイングランド・プレミアリーグ、マンチェスター・シティーのロベルト・マンチーニ監督(右)はカルロス・テベスの謝罪を受け入れたことを明らかにした。英国マンチェスターで撮影(2012年 ロイター/Darren Staples)

マンチーニ監督は同日行われた欧州リーグ(EL)のポルト戦後に「カルロスのコメントを喜んでいる。明日(23日)、彼と話をしてみよう。わたしは彼の謝罪を受け入れた。再びマンCでプレーできるチャンスがある。2、3週間トレーニングし、数試合をこなす必要はあるだろう」と語った。

テベスは昨年9月に欧州チャンピオンズリーグ(CL)のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)戦でウォーミングアップを拒否してマンチーニ監督の怒りを買ったほか、11月にはクラブに無断で母国アルゼンチンに帰国し、先週には同監督から「犬扱いされた」と述べて騒動を起こすなど数カ月にわたり問題行動が目立っていたが、21日に謝罪した。

一方、マンチーニ監督は当初テベスについて、マンCでプレーすることは二度とないと話していたが、最近になって態度が軟化。テベスが謝罪すれば、再びマンCでプレーする可能性もあると示唆していた。

ただ、マンCでは、セルヒオ・アグエロが今シーズン20得点を決めており、マリオ・バロテッリも12得点を記録するなど、テベス抜きでも攻撃陣が結果を残している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below