Reuters logo
金融庁、保険会社の検査評定制度を導入
2012年2月23日 / 07:53 / 6年後

金融庁、保険会社の検査評定制度を導入

[東京 23日 ロイター] 金融庁は23日、保険会社に対する「検査評定制度」を導入すると発表した。経営管理(ガバナンス)態勢などの項目ごとに4段階評価し、検査を重点実施したり簡素化したりする検査の効率化、実効性向上を図る。

早ければ4月以降に実施の検査で試行した上で、できるだけ速やかに本格施行に移行する、としている。

対象となるのは、生命保険会社、損害保険会社、外国生命保険会社、外国損害保険会社。経営管理(ガバナンス)態勢のほか、法令等順守態勢、保険募集管理態勢、資産運用リスク管理態勢など、金融検査マニュアルで分類される8項目について、A─Dの4段階で評価する。

評定結果は被検査会社に通知するほか、C評価以下の項目数が多い保険会社に対して検査サイクルを短縮したり、高い評価の項目を検証対象から外すなど、その後の検査の頻度、範囲、深度に反映して「効率的で実効性のある検査の実施につなげたい」(金融庁幹部)としている。

同様の評定制度は、銀行を対象に2005年から導入している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below