Reuters logo
アフガンで銃乱射した米兵の身元判明、PTSD主張か
2012年3月18日 / 00:06 / 6年前

アフガンで銃乱射した米兵の身元判明、PTSD主張か

3月16日、米陸軍当局は、アフガニスタン南部カンダハル州で地元住民16人を射殺した米兵の身元を、ロバート・ベイルズ2等軍曹だと公表。写真は昨年8月、カリフォルニア州の施設で訓練を受けるベイルズ2等軍曹(左)。米国防総省提供(2012年 ロイター)

[タコマ(米ワシントン州)/ワシントン 16日 ロイター] 米陸軍当局は、アフガニスタン南部カンダハル州で地元住民16人を射殺した米兵の身元を、ロバート・ベイルズ2等軍曹(38)だと公表し、勾留されていたクウェートから16日、米中西部カンザス州の基地にある収容施設に到着したと発表した。

ベイルズ2等軍曹は米軍の法規のもと裁きを受けることになるが、訴追はまだされておらず、裁判の詳細は明らかにされていない。かつて空軍で検事をしていた人物は、かなり早くに訴追されるのではないかとの見方を示している。

弁護人のジョン・ヘンリー・ブラウン氏はロイターに対し、裁判では、ベイルズ2等軍曹が心的外傷後ストレス障害(PTSD)を患っていたと主張する可能性があるとし、情状酌量の要素になると語った。

陸軍の発表によると、ベイルズ2等軍曹はアフガニスタンに赴任する前の2003―2010年、イラクに3回派遣され、計37カ月間前線任務についていた。ブラウン氏は、同2等軍曹がイラクでの任務中に2度けがを負っており、4度目となる前線任務を命じられたことを快く思っていなかったと説明。また、事件の前日に、仲間の兵士が重傷を受けるのを間近に目撃したこともストレスとなった可能性を示唆した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below