Reuters logo
五輪=競泳の北島、3大会連続2冠の偉業に意欲
2012年4月10日 / 01:57 / 6年前

五輪=競泳の北島、3大会連続2冠の偉業に意欲

4月9日、男子100メートル平泳ぎ、200メートル平泳ぎの2種目で五輪代表入りを果たした北島康介(29)は、3大会連続の2冠という偉業に向けて意欲を見せている。写真は昨年11月撮影(2012年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 9日 ロイター] 競泳のロンドン五輪代表選考会を兼ねた日本選手権で、男子100メートル平泳ぎ、200メートル平泳ぎの2種目で五輪代表入りを果たした北島康介(29)は、3大会連続の2冠という偉業に向けて意欲を見せている。

北島は先週の日本選手権では、100メートル平泳ぎで58秒90をマーク。自身の日本記録を更新して優勝した。また、200メートル平泳ぎでも2分8秒00で優勝し、日本の競泳選手では史上初となる4回目の五輪出場を決めた。

昨年上海で行われた世界選手権の男子200メートル平泳ぎで優勝したダニエル・ギュルタ(ハンガリー)のタイムを上回った北島は、同選手権のときとは気分がまったく違うと話し、五輪という夢の舞台に向けて再び闘志がわいてきたと述べた。

日本代表の平井伯昌ヘッドコーチは、200メートルの最後の50メートルで押し切れれば、北島は2冠を達成できるとコメント。100メートルで勝ち、勢いに乗って200メートルに臨んでほしいと語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below