Reuters logo
サッカー=香川のドルトムント、バイエルンとの頂上決戦迫る
2012年4月10日 / 02:47 / 5年前

サッカー=香川のドルトムント、バイエルンとの頂上決戦迫る

4月9日、サッカーのドイツ1部ブンデスリーガで首位に立つ香川真司のドルトムントは11日、ホームで2位バイエルン・ミュンヘンとの頂上決戦を迎える。ウォルフスブルクで7日撮影(2012年 ロイター/Fabian Bimmer)

[ベルリン 9日 ロイター] サッカーのドイツ1部、ブンデスリーガで首位に立つ香川真司のドルトムントは11日、ホームで2位バイエルン・ミュンヘンとの頂上決戦を迎える。

ドルトムントは冬季休暇以降、リーグ戦では10勝2分け。23戦無敗として勝ち点を66に伸ばしている。一方のバイエルンも公式戦9連勝中と好調で、ドルトムントとの勝ち点差は3。直接対決で勝てば得失点差で上回り、首位に浮上する。

ドルトムントのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンは「厳しい試合になるが、ファンの声援が大きなモチベーションになる」とコメント。ドルトムントは、1月末以降けがで離脱している19歳のドイツ代表MFマリオ・ゲッツェをこの大一番で復帰させる可能性もある。

バイエルンのカールハインツ・ルンメニゲ最高経営責任者(CEO)は「勝ち点差3をつけられているわれわれの方がプレッシャーは大きい」と述べ、「もし負けたら優勝は無理。ドルトムントを尊敬しているが、恐れてはいない」と意欲を見せた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below