Reuters logo
今日の株式見通し=続落、海外株安で下値を模索する展開
2012年4月10日 / 23:28 / 5年前

今日の株式見通し=続落、海外株安で下値を模索する展開

[東京 11日 ロイター] きょうの東京株式市場で日経平均は続落しそうだ。前日の海外市場で調整色が強まったことから、東京市場も売り先行の見通し。日中は下値を模索する展開で、海外勢の売りが進めば日経平均は9300円台に下落する可能性が指摘される。

外為市場でドル/円、クロス円とも円高方向に振れており、輸出株が売られやすい。ただ、下落幅が大きくなった場合には日銀によるETF買いが期待される。

日経平均の予想レンジは9300円―9400円。

10日の米国株式市場では売りが加速し、ダウ工業株30種.DJIとS&P総合500種.SPXは5営業日続落して終了した。米株式投資家の不安心理の度合いを示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数).VIXは、この日は一時約12%高となる21.06まで上昇。連騰は8営業日に達し、過去約9年間で最長。

海外市場で調整色が強まっていることを受け、東京市場も売り先行の見通し。軟調地合いで寄り付いた後、下値を模索する展開が予想される。海外勢の売りが強まれば、日経平均は9300円台に下落するとみられている。外為市場はリスク回避により円全面高となっており、輸出株を中心に売られそうだ。一方、大幅安の場合には日銀によるETF買いが下支えするとの期待感もある。

個別銘柄ではソニー(6758.T)とシャープ(6753.T)が注目される。ソニーは10日、2012年3月期の連結業績予想を下方修正し、当期純損益の赤字が従来予想の2200億円から5200億円に拡大する見込みと発表した。過去最大の最終赤字額となる。前年同期は2596億円の赤字で、最終損失は4年連続。また、シャープも、2012年3月期の最終赤字が従来予想の2900億円から3800億円に拡大する見込みだと発表した。

(ロイターニュース 吉池 威)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below