Reuters logo
サッカー=欧州リーグ決勝、スペイン勢同士が激突へ
2012年5月8日 / 05:10 / 5年前

サッカー=欧州リーグ決勝、スペイン勢同士が激突へ

5月7日、サッカーのEL決勝では、ともに強力な攻撃陣を誇るビルバオとアトレチコ・マドリードのスペイン勢がタイトルをかけて激突する。写真はアトレチコのディエゴ・シメオネ監督。マドリードで先月撮影(2012年 ロイター/Juan Medina)

[ブカレスト 7日 ロイター] サッカーの欧州リーグ(EL)決勝(9日にルーマニアのブカレストで開催)では、ともに強力な攻撃陣を誇るビルバオとアトレチコ・マドリードのスペイン勢がタイトルをかけて激突する。

アルゼンチン人のマルセロ・ビエルサ監督が率いるビルバオは、ボールを支配するパスサッカーが持ち味。バルセロナをほうふつとさせるプレーで、ベスト16ではマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に2連勝。準々決勝でも圧倒的な攻撃力で内田篤人のシャルケ(ドイツ)を退けた。

FWフェルナンド・ジョレンテは、空中戦に不安を抱えるアトレチコにとっては脅威。19歳のFWイケル・ムニアインも多彩なプレーでビッグクラブの注目を集めている。

一方、2010年の王者アトレチコは昨年12月にディエゴ・シメオネ氏が新監督に就任して以来、上り調子。同大会では11連勝を飾り、決勝に勝ち上がった。アドリアン・ロペスや、昨季のEL決勝でポルト(ポルトガル)の決勝ゴールを決めたファルカオらが破壊力抜群の攻撃陣を形成する。

シメオネ監督は「両チームとも実力はほぼ互角。ビエルサ監督のことはとても尊敬している」とコメント。「ファンに決勝を楽しんでもらいたい」と述べた。

今季国内リーグでの直接対決では両チームともにホームで勝利し、1勝1敗だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below