Reuters logo
コラム:イタリア、危機の完全脱出に向け政治情勢が不透明要素に
2012年9月12日 / 03:52 / 5年前

コラム:イタリア、危機の完全脱出に向け政治情勢が不透明要素に

9月11日、イタリア政府は片足だけは危機を抜け出している。写真はモンティ首相。8日撮影(2012年 ロイター)

[ロンドン 11日 ロイター BREAKINGVIEWS] イタリア政府は片足だけは危機を抜け出している。10年国債利回りは、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が新たな国債買い入れプログラム導入を示唆して以降、1%ポイント以上も低下している。利回りの低下と信頼感の改善で、イタリアが救済を仰ぐ必要性は薄れつつある。

もし国際支援を回避できるならそうすべきだ。だれもユーロ圏第3位の経済大国が救いの手を差し伸べてもらう姿は見たくない。イタリアの債務はほぼ持続可能なように思われる。政府は国内総生産(GDP)の名目成長率を2.4%にしなければならない。これは長期的な平均より低い。もう1つ必要な、基礎的財政収支(プライマリーバランス)黒字が対GDP比3%というのは国際通貨基金(IMF)が今年予測している数字だ。

しかし、イタリア政府は、IMFの予測で今年の対GDP比125%という債務残高を抱えながらも経済成長が可能だと投資家を確信させる必要がある。経済が競争力を再び取り戻すまでには長い時間もかかる。

マリオ・モンティ首相が率いる政府はこの問題に取り組んでいるとはいえ、労組や雇用主との労働市場改革をめぐる協議を進展させ、民営化作業についてより鮮明な姿勢を示さなければならない。またたとえそれがうまくいっても、来年の選挙後も各種の改革が存続するのだろうかという投資家の心配は残るだろう。

あいにく、モンティ首相が退任した後の政治情勢はなお混迷状態だ。左派の民主党と中道右派の自由国民党という2大政党は、新しい選挙法の制定で合意できず、どちらも過半数の議席獲得の見込みがない。

不透明要素は政治の至るところにある。民主党はピエルルイジ・ベルサニ書記長(党首)とカリスマ性を備えたフィレンチェ市長のマッテオ・レンツィ氏の主導権争いに直面し、保守派はシルビオ・ベルルスコーニ氏の復帰問題がなおくすぶる。さらに今や、コメディアンのベッペ・グリッロ氏が率いる市民団体「五つ星運動」が第3勢力として波乱を起こす可能性がある。

1つの希望は、どこもはっきりとした過半数を確保する見通しが立たず、左右両勢力に支持された新たな大連立政権が形成される事態だ。ただ、それはすんなり実現しないかもしれず、政治の不透明感や選挙戦の過熱は国債利回りを押し上げかねない。

広範な連立政権の象徴としてモンティ首相に選挙後も続投してほしいとの期待も高まりつつある。10年国債利回りがイタリアが危機に見舞われる前の水準近くまで下がったことで、国民は多分、あえて政治的な混乱を招くのが妥当かどうか考えることだろう。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below