Reuters logo
バローゾ欧州委員長、ユーロ圏銀行同盟の枠組みを欧州議会に提案へ
2012年9月12日 / 05:02 / 5年前

バローゾ欧州委員長、ユーロ圏銀行同盟の枠組みを欧州議会に提案へ

[ストラスブール 12日 ロイター] 欧州連合(EU)の行政執行機関である欧州委員会のバローゾ委員長は12日、欧州議会での施政方針に関する演説で、銀行同盟に関する提案を行う。欧州は域内銀行の監督・監視の一元化に向け一歩前進する。

銀行同盟は、1)ユーロ圏の全ての銀行、および希望するユーロ圏外の銀行の監督権限のECBへの付与、2)問題のある銀行を閉鎖するための基金設立、3)ユーロ圏内の預金者保護──の3つの柱からなる。実現には加盟国による承認が必要となる。

ドイツは、ECBがユーロ圏全ての銀行を監督することに反対している。ドイツのショイブレ財務相は、システム上重要な銀行だけをECBは監督すべきとの見解を示している。

一方、レーン欧州委員は、比較的小規模な銀行からも問題が発生する可能性はあるとし、ECBには包括的な権限を付与する必要があるとの立場を示している。

イギリスは銀行同盟に参加しないものの、ロンドンの多くの銀行がユーロ圏で業務を行っていることから、ECBに包括的な監督権限を付与することには慎重になっている。

ドイツ銀行(DBKGn.DE)やHSBC(HSBA.L)などが加盟する欧州金融市場協会(AFME)も懸念を表明。AFMEのスポークスマンは「ロンドンでのユーロ取引が制限されるような内容になれば問題だ」との見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below