Reuters logo
中国当局のIPO審査、投資家の保護重視を=モルガン・スタンレー
2012年9月12日 / 06:42 / 5年前

中国当局のIPO審査、投資家の保護重視を=モルガン・スタンレー

[天津(中国) 12日 ロイター] モルガン・スタンレー(MS.N)のアジア部門の共同最高経営責任者(CEO)、Wei Sun Christianson氏は12日、中国の新規株式公開(IPO)について、規制当局は審査する際に企業のビジネスモデルに焦点を当てるだけでなく、投資家保護も重視すべきと主張した。

天津での世界経済フォーラムのパネルで述べた。

中国のIPOは資本市場の専門家によってではなく政治的に決められるため、十分に準備ができていない企業や、会計に欠陥がある企業が上場を認められるケースが多いとの指摘がある。

2011年は、国内外でIPOを行った企業に会計スキャンダルが相次ぎ、株価が急落したり、上場廃止に追い込まれるケースが目立った。

同氏は「ビジネスモデル、利益率ではなく、投資家の利益保護などにもっと注意を払う必要がある」と述べた。

通常IPOは、証券取引所が専門家で構成される委員会の審査にかけて承認する。これに対し、中国では複数の企業がひとまとめに承認される傾向があり、透明性の欠如や政治的要因の関わりが批判されている。

同氏は「(中国の)IPOプロセスは規制当局の果たす役割という点でかなり独特だが、そろそろ変革について考える時だ」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below