Reuters logo
欧州の調整プロセスは今後数年間続く=フィンランド中銀総裁
2012年9月12日 / 08:42 / 5年前

欧州の調整プロセスは今後数年間続く=フィンランド中銀総裁

9月12日、リーカネン・フィンランド中銀総裁は、世界経済の低迷が欧州による債務危機対応に影響を与えるとし、欧州の「調整プロセス」は今後数年間続く可能性があるとの認識を示した。写真は3月、ヘルシンキで撮影。提供写真(2012年 ロイター/Lehtikuva/Antti Aimo-Koivisto)

[ヘルシンキ 12日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのリーカネン・フィンランド中銀総裁は12日、世界経済の低迷が欧州による債務危機対応に影響を与えるとし、欧州の「調整プロセス」は今後数年間続く可能性があるとの認識を示した。

同総裁は、残りの年内と2013年の世界経済の成長が抑制されると予測。声明で「欧州の調整プロセスは緒に就いたばかりであり、過去の金融危機の経験に基づけば、おそらく今後数年間は続くだろう」と指摘した。

ECBの政策は金利低下を促したものの、インパクトは地域全体に均等に浸透しておらず、ユーロが崩壊するという憶測に基づく考えは受け入れがたい、と付け加えた。

総裁の声明は世界経済に関するフィンランド中銀リポートの一部。リポートは「ユーロ圏の好ましくないスパイラルが続き、回復が予想よりも一段と遅くなるとの際立ったリスクが存在する」と指摘した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below