Reuters logo
NY市長が米大統領選でオバマ支持、気候変動問題への対応評価
2012年11月2日 / 03:21 / 5年前

NY市長が米大統領選でオバマ支持、気候変動問題への対応評価

11月1日、米ニューヨーク市のマイケル・ブルームバーグ市長(写真)は、大統領選を1週間後に控え、オバマ大統領の再選を支持する考えを表明した。ニューヨークで10月撮影(2012年 ロイター/Eduardo Munoz)

[1日 ロイター] 米ニューヨーク市のマイケル・ブルームバーグ市長は1日、大統領選を1週間後に控え、オバマ大統領の再選を支持する考えを表明した。ブルームバーグ市長はその理由として、気候変動問題に対処してきたオバマ大統領の実績を評価しているため、と説明した。

市長は、ブルームバーグ・ニューズのコラム「ブルームバーグ・ビュー」に寄稿し、オバマ大統領は温室効果ガスの削減に著しく貢献したのに対し、共和党のロムニー候補は、気候変動問題に対しマサチューセッツ州知事時代に見せていた積極的な姿勢を撤回した、と指摘。「世界の気候は変化している。ニューヨークや世界中を襲っている異常気象が気候変動に起因するものかどうかは分からないが、今週ニューヨークが見舞われた大災害を踏まえれば。選挙で選ばれたあらゆるリーダーはただちに行動を取る必要がある」と訴えた。

オバマ大統領は、ハリケーン「サンディ」がもたらした被害に迅速に対応したとして、共和党に属するニュージャージー州のクリス・クリスティー知事から謝意を表明されたのに加え、現在は無所属であるものの、かつて共和党に所属していたブルームバーグ市長からも支持を取り付けた。

オバマ大統領は「ブルームバーグ市長から支持を受けたことを誇りに思う。ビジネス、慈善活動、市政において彼が示してきたリーダーシップを高く評価したい」との声明を発表した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below