Reuters logo
米政府、天然ガス輸出制限に向け規則を再検討すべき=上院議員
2012年11月2日 / 05:47 / 5年前

米政府、天然ガス輸出制限に向け規則を再検討すべき=上院議員

[ワシントン 1日 ロイター] 米民主党のロン・ワイデン上院議員は1日、米国は、自由貿易協定(FTA)を結んでいる国を含め、天然ガス輸出の規則を再検討する必要があるとの考えを示した。

米エネルギー企業は、技術の進歩により膨大なシェールガス資源の採掘が可能となった。米国のエネルギー需要を満たすには海外の天然ガスに依存しなければならないという長年にわたる前提が崩れ、輸出への道が開かれた。

上院エネルギー委員会所属の有力議員であるワイデン氏は声明を発表し、FTA締結国への天然ガス輸出を自動的に認める現在の法律を見直すべきと主張。「こうした政策は再検討が必要だ。わが国のエネルギー自給、公害対策、環境保護、製造業者の競争力強化を実現させる能力を損ねる可能性がある」とした。

ワイデン氏はこれまでにも繰り返し天然ガス輸出について懸念を表明。政府は国内の消費者や産業に対する価格上昇につながるかどうかを検証すべきと主張している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below