Reuters logo
ECBの銀行監督、物価安定責務ないがしろの恐れ=独連銀総裁
2012年11月16日 / 09:07 / 5年前

ECBの銀行監督、物価安定責務ないがしろの恐れ=独連銀総裁

[フランクフルト 16日 ロイター] 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのバイトマン独連銀総裁は、独ハンデルスブラット紙への寄稿で、ECBに欧州の銀行監督役を担わせれば、ECBの主要な責務である物価安定がないがしろにされる恐れがあると懸念を示した。

ECBの銀行監督を含む、欧州銀行同盟の実現を急ぐべきでないと指摘。銀行の破綻処理や再編で必要な資金は、銀行の出資でまかなうメカニズムが必要とし、「例外的な場合に公的資金を活用すべき」と述べた。

危機に起因する「レガシーリスク」に加盟国が対処すべきとの考えを示した。

欧州の政策当局者は、欧州経済統合の礎として銀行同盟構想を推進しているが、発足時期、銀行監督のあり方などをめぐって意見が対立しており、ドイツは、ECBの監督権限を大手銀行に限定すべきと主張している。

バイトマン総裁は、銀行をソブリンリスクから切り離すため、銀行のソブリン債保有に上限を設けるべきと主張。

銀行同盟は安定した通貨同盟を支援し得るが、実現を急ぐより、きちんとした仕組みを作る方が重要と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below