Reuters logo
第3四半期マレーシアGDPは前年比+5.2%、予想上回る
2012年11月16日 / 10:42 / 5年前

第3四半期マレーシアGDPは前年比+5.2%、予想上回る

[クアラルンプール 16日 ロイター] マレーシア中央銀行が16日発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)伸び率は前年比5.2%となった。上方改定された第2・四半期の同5.6%からは減速したが、ロイターがまとめたエコノミスト予想の4.8%を上回った。

内需が堅調で輸出セクターの不振を補った。

中銀のゼティ総裁は記者会見で「第3・四半期には民間、公共部門ともに投資が活発だった。この傾向は今後も続くと予想している」と述べた。

第3・四半期には輸出が落ち込む一方で、力強い内需と、首都クアラルンプールの交通網整備などのインフラプロジェクトへの政府支出が成長のけん引役となった。

マレーシアのナジブ首相は総選挙を来年4月までに実施する必要があり、好調な経済成長を選挙戦で訴えていく見通しだ。

民間投資は前年同期に比べて22.9%増加した。公共部門投資は22.4%増だった。

中銀は2012年の公式GDP伸び率目標を4─5%で据え置いたものの、第1─第3・四半期の動向を踏まえると、通年の成長率は予想レンジの上限もしくは上限を小幅に上回る可能性が高いとの見方を示した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below