Reuters logo
イラン国連代表団、いかなる攻撃にも報復の権利があると主張
2012年9月28日 / 03:06 / 5年前

イラン国連代表団、いかなる攻撃にも報復の権利があると主張

[国連 27日 ロイター] イランは27日、イスラエルがイランの核開発計画にレッドライン(越えてはならない一線)を引くよう主張したことに対し、イランは自国の防衛に十分な力を備えており、いかなる攻撃に対しても全力で報復する権利を有すると反論した。

ネタニヤフ首相の国連総会での演説を受け、イラン代表団が書面で反論した。

同代表団は、イスラエルは完全に平和利用目的のイランの核開発計画に「根拠のないばかげた疑い」をかけていると主張。

また、「イスラエルは日々周辺国を脅かしており、特にわが国は軍事攻撃にさらされている」と批判した。

その上で「イランは自国の防衛に十分な力を備えており、いかなる攻撃に対しても総力を挙げて報復する完全な権利を有している」と主張した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below