Reuters logo
訂正:コラム:中国のコモディティ輸入は堅調、景気回復裏付け
2012年12月12日 / 04:07 / 5年前

訂正:コラム:中国のコモディティ輸入は堅調、景気回復裏付け

12月10日、中国の貿易統計の内容が弱そうに見える点を心配する人がいるかもしれないが、コモディティ輸入に関する部分は、中国経済が回復軌道に乗っているという見方を裏付ける上で役立つだろう。写真は11月、上海で撮影(2012年 ロイター/Aly Song)

Clyde Russell

[ローンセストン(オーストラリア) 10日 ロイター] 11月の中国の貿易統計について、内容が弱そうに見える点を心配する人がいるかもしれないが、コモディティ輸入に関する部分はきっと、中国経済が回復軌道に乗っているという見方を裏付ける上で役立つだろう。

11月の輸出が2.9%増と10月の11.6%増を大きく下回ってがっかりするような伸びにとどまった一方、輸入は2.4%増で10月と同じだった。

輸出に関しては恐らく、海外向けクリスマス用品出荷が過去2カ月で出尽くして失速したのだろうし、欧州における景気後退や米国の景気回復の鈍さもマイナスに作用したとみられる。

しかし輸出は中国経済にとって重要性が相対的に低下しつつある。成長の主なけん引役を内需に転換することに政策の主眼が置かれているためだ。

これは11月の鉱工業生産が10.1%増と予想より高い伸びになったことから見て取れる。11月の小売り売上高もまた14.6%増と予想を上回った。

輸入に関しては特にコモディティの面で、国際価格の下落が金額の押し下げにつながったもようで、数量ベースでは原油、鉄鉱石といった主要品目で軒並み堅調な需要が示されている。

11月の石油輸入量は日量約569万バレルと過去3番目(訂正)の高水準だった。10月より約11万バレル多い。

石油需要増加の背景には、中国国内における新しい精製施設の稼動があり、10月だけで2カ所が操業を開始している。11月遅くには別の精製施設も操業を始めており、12月も引き続き原油輸入は堅調になりそうだ。

鉄鉱石の輸入もしっかりしており、11月は前月から17%増えて6578万トンと、昨年1月以来の高水準になった。一部は製鉄所の在庫復元が原因とみられるが、着実な工業用需要が存在することもうかがえる。

今年これまでの鉄鉱石輸入は、年央に成長が減速したにもかかわらず前年同期より8%多く、昨年12月のロイター調査で示された予想中央値の6%も上回っている。

銅に目を転じると、強弱材料が混在している。13.5%増という11月の輸入は一見すると素晴らしい感じがするが、実際には10月の18.5%減をある程度取り戻したにすぎない。

10月と11月を合わせてみて、また10月が例年より長い休暇期間のせいで統計が歪められた点を考えると、銅の輸入は実質的に伸びが横ばいという姿が浮かび上がってくる。

問題は在庫がなお高水準であるということで、現在の輸入ペースからすると3カ月分に相当する100万トン強に達する。これは保税倉庫にある分だけで、その他在庫を加えると合計で140万トン近くになる可能性があり、相当な過剰感をかもし出している。

だが主要コモディティの中で銅の地合いが最も弱いのは、圧倒的に輸出工業品に使用されていることを踏まえれば、驚くには値しないだろう。

国内の建設作業や自動車工業向け鉄鋼製品により多く使われる鉄鉱石や、国内で増加を続ける自動車の燃料となる原油に比べて、銅の需要が出遅れるというのは妥当に思われる。

中国においてすべてのコモディティの輸入が一斉に力強く増加する時代はもう過ぎ去ったようだ。経済が勢いを失った年央以降に出てきた統計でよりはっきりしてきたのは、需要の持ち直しは品目ごとにばらつきが出てくるということだろう。

*英文の訂正により7段落目の「過去2番目」を「過去3番目」に訂正します。これに伴い2月に言及した部分を削除します。

*筆者はロイターのマーケットアナリストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below