Reuters logo
OPEC総会で生産目標据え置きへ、焦点は事務局長人事
2012年12月12日 / 02:06 / 5年前

OPEC総会で生産目標据え置きへ、焦点は事務局長人事

[ウィーン 11日 ロイター] 12日の石油輸出国機構(OPEC)総会では、日量3000万バレルの生産目標を2013年上期も維持する見通し。反対意見は出ず、スムーズに決着するとみられている。

今回の総会ではむしろ、年末に任期を終えるバドリ事務局長の後任人事が議論の中心になり、無事に選出されるのかどうか予断を許さない。

事務局長の後任には、イラン、イラク、サウジアラビアが候補者を擁立しているが、今のところ合意はなく、議論はこう着しているもよう。

決まらなければ、バドリ氏に6カ月間の任期延長を要請する見通し。

後任候補は、サウジアラビアがマジド・モネーフOPEC理事、イランがノザリ元石油相、イラクが首相のエネルギー顧問のガドバン氏ら。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below