Reuters logo
来週のユーログループ、ギリシャの持続可能な道筋を=IMF専務理事
2012年11月16日 / 04:57 / 5年前

来週のユーログループ、ギリシャの持続可能な道筋を=IMF専務理事

11月16日、IMFのラガルド専務理事は、来週開催されるユーロ圏財務相会合について、ギリシャ経済を持続可能なものとする道筋をつけることが重要だとの認識を示した。写真は14日撮影(2012年 ロイター/Bazuki Muhammad)

[マニラ 16日 ロイター] 国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は16日、来週開催されるユーロ圏財務相会合(ユーログループ)について、ギリシャ経済を持続可能なものとする道筋をつけることが重要だとの認識を示した。

また、欧州の各政策当局者は、来年のユーロ圏の景気を押し上げるために政策のコミットメントを推し進めなくてはならないと指摘した。

専務理事はギリシャをめぐる来週の会合の見通しについて問われ、「ことわざにあるように『太った女性が歌うまで終わりではない』(まだまだこれから)」と回答。「それは、特にギリシャが持続可能な基盤の上に経済運営を行い、自身の足で立ち、できるだけ早いうちに市場に再びアクセスができるようになるという共通の目的に向け、いかに努力し、いかにわれわれが意識を集中できるかにかかっている」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below