Reuters logo
韓国大統領選挙の投票始まる、大接戦制し初の女性大統領誕生か
2012年12月19日 / 02:01 / 5年後

韓国大統領選挙の投票始まる、大接戦制し初の女性大統領誕生か

[ソウル 19日 ロイター] 韓国大統領選挙の投票が19日始まった。今回は、保守系の与党セヌリ党の朴槿恵候補(60)と革新系野党民主統合党の文在寅候補(59)の事実上の保革一騎打ち。

12月19日、韓国大統領選挙の投票が始まった。今回は、保守系の与党セヌリ党の朴槿恵候補(写真)と革新系野党民主統合党の文在寅候補の事実上の保革一騎打ち。ソウルで撮影(2012年 ロイター/Kim Hong-Ji)

世論調査では、朴候補が僅かの差で文候補をリードしている。朴候補が当選すれば、韓国初の女性大統領が誕生する。即日開票され、同日夜に大勢が判明する見通しだ。

厳寒のなか、投票開始後1時間で110万人以上が投票。この時点で投票率が5年前の前回選挙(約60%)を若干上回った。

有権者が重視したのは、投票直前にミサイル発射を強行した北朝鮮に対する政策よりも経済だった。前週SBSが実施した世論調査では、北朝鮮が最大の問題とする回答は4.7%にとどまった。

韓国はサムスン電子(005930.KS)や現代自動車(005380.KS)など国際的大企業があるが、格差社会という問題を抱えている。

1人あたり国内総生産(GDP)で世界29位になったものの、所得格差は急拡大。大卒者の就職難も深刻だ。

朴候補は「経済民主化」と称し社会福祉の拡充を訴えた。ただ、具体策に乏しい。

対する文候補は、180億ドル規模の雇用対策を提案。米国との自由貿易協定(FTA)撤回も公約した。

投票は現地時間午前6時(日本時間 同)から午後6時まで。投票締め切りとともに、3大放送局が共同で実施した出口調査の結果を発表することになっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below