Reuters logo
韓国大統領選で朴槿恵候補が勝利、初の女性大統領誕生へ
2012年12月19日 / 09:20 / 5年前

韓国大統領選で朴槿恵候補が勝利、初の女性大統領誕生へ

12月19日、韓国大統領選挙の出口調査によると、得票率予想は与党セヌリ党の朴槿恵候補(写真)が50.1%、民主統合党の文在寅候補が48.9%となっている。18日撮影(2012年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 19日 ロイター] 19日の韓国大統領選挙は、与党セヌリ党の朴槿恵(パククンヘ)候補(60)が接戦を制し勝利した。同国で初の女性大統領の誕生となる。朴氏は分断された社会の融和に努める考えを示した。

開票率約88%の時点で、朴氏の得票率は51.6%と、民主統合党の文在寅(ムンジェイン)候補の48%を引き離した。これを受け、文氏は敗北を認めた。

朴氏はソウル中心部で熱狂的な支持者らに出迎えられ、「これは危機克服と景気回復を願う国民によってもたらされた勝利だ」と勝利宣言した。

来年2月に就任する。任期は1期限りで5年間。朴氏は、北朝鮮問題や景気底上げなど待ったなしの課題に対応していくことが求められる。

韓国の国内総生産(GDP)伸び率は、急成長を遂げた過去数十年の年平均5.5%から2%程度に鈍化。また近年は貧富の差が拡大しており、とりわけ若者層は経済問題とともに、十分な収入が保証される雇用の創出が大きな関心事だ。

また前週には、北朝鮮が大陸間弾道ミサイル技術を試したとみられるロケットの発射を強行。朴氏に対しても北朝鮮に「恨み」を抱き「対立」をあおっていると非難するなど対決姿勢を強めており、景気対策とともに喫緊の課題となっている。

朴氏は北朝鮮の金正恩第1書記と交渉する意向を示しているが、支援の前提条件として核兵器プログラムの断念を求めている。

朴氏は米国との自由貿易協定(FTA)を強く支持しており、経済政策では李明博(イ・ミョンバク)大統領の自由市場政策を堅持するとみられている。

ただ、サムスン・グループSAGR.ULが韓国GDPのおよそ20%に相当する売り上げを稼ぎ出すなど、財閥への富の集中には批判も集まっており、朴氏は富をより均等に配分する意向を掲げている。

朴氏は自身の手本として、自由市場の強硬な推進論者だったサッチャー元英首相や、欧州で最有力の指導者とされるドイツのメルケル首相を挙げている。

朴氏は朝鮮戦争後の復興を指揮した朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の娘で、母の死後はファーストレディーの役割を務めた。

ただ朴正熙氏の功績をめぐっては、保守派が最も偉大な大統領として賞賛する一方、反対派は人権を軽視し反対派を抑圧する「独裁者」と批判しており、現在でも韓国をなお二分する。

朴槿恵氏は独身で子供はいない。一生を国のために捧げるとしている。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below