Reuters logo
ソフトバンクのスプリント買収、ディッシュが当局に判断保留要請
2013年5月17日 / 00:42 / 4年前

ソフトバンクのスプリント買収、ディッシュが当局に判断保留要請

5月16日、米ディッシュ・ネットワークは米規制当局に対し、ソフトバンクによる米スプリント・ネクステル買収案に関する審査の判断を保留するよう要請した。ニューヨークで昨年12月撮影(2013年 ロイター/Andrew Kelly)

[ニューヨーク 16日 ロイター] 米衛星放送サービスのディッシュ・ネットワーク(DISH.O)は16日、米規制当局に対し、ソフトバンク(9984.T)による米携帯電話会社スプリント・ネクステル(S.N)買収案に関する審査の判断を保留するよう要請した。報道ベースで伝えられた、自社による買収案を妨害するソフトバンクの動きを理由に挙げている。

ロイターは10日、ソフトバンクが複数の投資銀行に対し、ディッシュの資金調達を支援すれば、ソフトバンクが出資するアリババ・グループの新規株式公開(IPO)での契約に影響する可能性があるとして、支援しないよう求めたと伝えた。

ディッシュは米連邦通信委員会(FCC)に対する書簡の中で、「もしソフトバンクが中国企業の重要な資金調達の決定に影響を及ぼし、スプリント取得の取り組みのためにこれらの決定の助けを借りようとする権限があるのであれば、提案もこの中国企業に照らし合わせて審査される必要がある」としている。

また「上回る提案を間接的に攻撃しようとすることで、ソフトバンクはスプリントの株主に自社の提案を押しつけようとしている」とも書いている。

FCCの報道官はコメントを控えた。スプリントからのコメントは今のところ得られていない。ソフトバンクの広報担当者は「根拠のない報道を基にした、また別の不適切で正当な理由のない申し立てだ」とした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below