Reuters logo
今日の株式見通し=しっかり、戻り待ちの売りで上値余地は限定的
2016年10月16日 / 22:56 / 1年前

今日の株式見通し=しっかり、戻り待ちの売りで上値余地は限定的

[東京 17日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価はしっかりの展開となりそうだ。前週末の米国株高や円安基調など外部環境の落ち着きを背景に買いが先行するとみられる。一方、1万7000円に接近すると戻り待ちの売りが多く、上値余地も限られる。国内企業の決算発表本格化を前に売買は活発化しにくいと予想される。

日経平均の予想レンジは1万6800円─1万7000円。

14日の米国株式市場は、JPモルガン・チェース(JPM.N)やシティグループ(C.N)など金融大手の良好な決算が好感され小幅に反発した。堅調な米経済指標を背景に為替も1ドル104円台前半で安定している。シカゴの日経平均先物12月限(円建て)清算値は大取終値比25円高の1万6875円、大阪取引所の夜間取引終値は同50円高の1万6900円だった。同水準を意識し朝方は小じっかりで始まるとみられる。

日経平均は1万7000円付近が強い抵抗線になっている。買いが先行しても上値は戻り待ちの売りに抑えられそうだ。市場では「前週末の米ダウ平均は上ヒゲが長く、引け味が良くない。欧州通貨安を背景に欧州勢の様子見も続くと予想され、日本株の上値も重くならざるを得ない」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出ている。20日の安川電機(6506.T)から始まる9月中間決算発表前で、積極的な売買は手控えられると予想され、方向感に欠ける相場展開となりそうだ。

主なスケジュールは、9月マンション発売(不動産経済研究所)が発表される。日銀支店長会議で黒田総裁があいさつする。海外では、10月米NY連銀製造業業況指数、9月米鉱工業生産が発表される。米企業決算はバンク・オブ・アメリカ、IBMなどが予定している。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      16856.37 18951.12 14864.01

+82.13 2016年1月4日 2016年6月24日

シカゴ日経平均先物12月限 16875(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below