Reuters logo
今日の株式見通し=底堅い、外部環境の落ち着きが支え
2016年3月3日 / 22:59 / 2年前

今日の株式見通し=底堅い、外部環境の落ち着きが支え

[東京 4日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は底堅い展開が見込まれている。急ピッチな上昇の反動から利益確定売りなどが優勢となりやすい一方、堅調な米国株など外部環境の落ち着きが日本株を下支えする見通し。もっとも米雇用統計を控える週末を前に上値追いも難しく、引けにかけて様子見ムードが強まるとみられている。

日経平均の予想レンジは1万6800円─1万7100円。

日経平均は前日までの今年初となる3日続伸で、率にして5.8%、値幅933円と大幅に上昇した。短期的な高値警戒感から目先は利益確定売りが出やすいとみられているうえ、日経平均1万7000円前後は1月中旬以降にもみ合った価格帯であり、戻り売り圧力が強いという。シカゴの日経平均先物(円建て)は大取終値比145円安の1万6845円となっており、寄り付きは売り先行となりそうだ。

もっとも米ダウ.DJIが戻り歩調を強めているほか、米原油価格.CLc1が34ドル台、ドル/円JPY=EBSが113ドル台後半と安定的に推移しており、投資家心理は落ち着きを取り戻しつつある。今晩の米雇用統計や5日の中国全国人民代表大会(全人代)を控え「きょうに限っては様子見が広がりやすい」(いちよしアセットマネジメント執行役員の秋野充成氏)と指摘される一方で、「ショートカバーが広がっており、日本株を過度に売り込む向きは限られている」(同)とみられている。

きょうは国内で1月毎月勤労統計が発表されるほか、ヨシムラ・フード・ホールディングス(2884.T)がマザーズに新規上場する。公開価格は880円。

海外では1月米貿易収支(商務省)や2月米雇用統計(労働省)などが発表される。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      16960.16 20952.71 14865.77

+213.61 2015年6月24日 2016年2月12日

シカゴ日経平均先物3月限 16845(円建て)

*内容を追加しました。

杉山容俊

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below