Reuters logo
今日の株式見通し=一進一退、リスクオンと円高警戒とが交錯
2016年3月17日 / 23:04 / 2年前

今日の株式見通し=一進一退、リスクオンと円高警戒とが交錯

[東京 18日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は一進一退となりそうだ。原油価格の上昇や米株高などリスクオンムードは広がりつつあるが、一時1ドル111円割れへと円高に進んだ為替が日本株にネガティブに作用しやすい。

一方、財政政策への期待感や3月期末の株価水準に対する思惑などが支えとなり、朝方の売り一巡後は切り返すとの見方も出ている。

日経平均の予想レンジは1万6700円─1万7150円。

17日の米国株式市場は上昇。米原油先物CLc1が1バレル=40ドル台を回復したことを受け、エネルギー・素材関連株を中心に買われ、ダウ.DJIは年初来でプラスに転じた。

一方、円相場が対ドルで一時1年4カ月ぶりの高値へと上昇しており、国内企業業績を圧迫するとの警戒感が高まりやすい。シカゴの日経平均先物(円建て)は大取終値から120円下げており、序盤は売り先行となりそうだ。

ただ、市場では「世界的にはリスクオンの地合いを強めており、さらなる円高は想定しづらい。国内では年度末に向けた株高への期待感もある」(いちよしアセットマネジメント執行役員の秋野充成氏)といい、下値は限定されるという。

昨晩には一部で日銀のレートチェックが報じられたほか、消費増税先送りや財政出動などの政策期待も株価を下支えする見通し。三連休前で手控えムードが広がりやすいが、「米国株に対する相対的な出遅れ感もあり、売り一巡後に日経平均が1万7000円を回復してもおかしくはない」(秋野氏)とみられている。

きょうはマイナス金利導入が決定された1月28、29日分の日銀金融政策決定会合の議事要旨が公表される。2月粗鋼生産速報や2月百貨店売上高が発表される。ヒロセ通商(7185.T)、アグレ都市デザイン(3467.T)、グローバルグループ(6189.T)、フェニックスバイオ(6190.T)、イワキポンプ(6237.T)、アイドママーケティングコミュニケーション(9466.T)が新規上場する。

前営業日終値 昨年来高値 昨年来安値

日経平均.N225      16936.38 20952.71 14865.77

-38.07 2015年6月24日 2016年2月12日

シカゴ日経平均先物6月限 16700(円建て)

*内容を追加します。

杉山容俊

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below