Reuters logo
今日の株式見通し=もみ合い、決算発表後の個別銘柄の売買が中心
2017年4月30日 / 22:57 / 5ヶ月前

今日の株式見通し=もみ合い、決算発表後の個別銘柄の売買が中心

[東京 1日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、もみ合いとなりそうだ。外部環境に大きな変化がないことに加え、連休の谷間で市場参加者も少ないとみられる。全体の方向感が定まらない中、決算発表後の個別銘柄の売買が中心になると予想される。

日経平均の予想レンジは1万9050円─1万9350円。

28日の米国株市場は、3年ぶりの低水準となった1―3月期米国内総生産(GDP)統計が重しとなり、主要3指数が小幅に下落した。為替は1ドル111円台前半とほぼ前週末と同水準で推移している。シカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は1万9215円だった。週明けの東京市場も指数は小動きでのスタートとなりそうだ。

きょうは欧州、アジアの主要市場が休場となることから海外勢の売買は膨らみにくい。連休の谷間で国内勢の動きも鈍いとみられ、日経平均は方向感に欠ける展開が予想される。市場では「突発的なニュースが出なければ、1万9200円を挟んだレンジでのもみ合いだろう。集中日の28日に決算発表したソニー(6758.T)、東京エレクトロン(8035.T)、信越化学(4063.T)など個別企業の株価反応を見極めたい」(三菱UFJモルガン・スタンレー証券投資ストラテジストの三浦誠一氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、4月新車販売が発表される。ローム(6963.T)、京セラ(6971.T)、ヤマハ(7951.T)などが決算発表を行う。海外では4月米ISM製造業景気指数が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      19196.74 19668.01 18224.68

-55.13 2017年3月2日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物6月限 19215(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below