Reuters logo
今日の株式見通し=大幅続伸、好材料が揃い幅広く買い先行
2017年5月7日 / 23:00 / 4ヶ月前

今日の株式見通し=大幅続伸、好材料が揃い幅広く買い先行

[東京 8日 ロイター] - きょうの東京株式市場で日経平均株価は、大幅続伸となりそうだ。5日に発表された4月米雇用統計が良好な内容で米株高、円安が進行している。フランス大統領選の決選投票では事前の予想通り、中道系独立候補のマクロン氏が勝利した。大型連休前の懸念材料が後退し、幅広い銘柄に買いが先行するとみられる。

日経平均は3月2日に付けた年初来高値1万9668円01銭の更新が予想される。日経平均の予想レンジは1万9600円─1万9900円。

4月米雇用統計では、非農業部門雇用者数が市場予想を上回ったほか、失業率も約10年ぶりの水準となる4.4%に低下した。足元で浮上していた米経済の減速懸念が後退し、5日のダウ工業株30種は2万1000ドルを回復、ナスダック、S&P総合500種は終値で過去最高値を更新した。為替は1ドル112円台後半まで円安が進んでいる。

仏大統領選の決選投票では、中道系独立候補のマクロン前経済相が極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首に勝利した。予想通りではあるが、フランス政権の親欧州連合(EU)路線が維持されることは市場の安心感につながりそうだ。5日のシカゴの日経平均先物6月限(円建て)清算値は1万9705円だったが、8日早朝の取引では1万9700円台後半まで上値を拡げている。為替は対ユーロでの円安も進行している。連休明けの東京市場は幅広く買いが先行するとみられる。

もっとも、日経平均は4月17日に年初来安値を付けてから急ピッチな戻り相場に入り、短期的には過熱感も出ている。市場では「米経済指標は雇用統計を除くとそれほど良くない。日米貿易不均衡が指摘される中で、一段の円安も見込みにくい。日本株についても朝方の買い一巡後は利益確定売りが上値を抑えそうだ」(みずほ証券シニアテクニカルアナリストの三浦豊氏)との声が出ていた。

主なスケジュールは、4月消費動向調査(内閣府)が発表される。LIXILグループ(5938.T)が決算を発表する。海外では4月中国貿易統計が発表される。

前営業日終値 年初来高値 年初来安値

日経平均.N225      19445.7 19668.01 18224.68

+135.18 2017年3月2日 2017年4月17日

シカゴ日経平均先物6月限 19705(円建て)

*内容を追加しました。

河口浩一

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below