Reuters logo
正午のドルは111円前半でもみあい、 株安で一時110円台
2016年3月18日 / 03:34 / 2年前

正午のドルは111円前半でもみあい、 株安で一時110円台

 3月18日、正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の111.26/28円だった。写真は都内で2009年11月撮影(2016年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 18日 ロイター] - 正午のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ややドル安/円高の111.26/28円だった。安く始まった日経平均株価が下げ幅を拡大し、ドル売り/円買いが強まった。一時は110円後半まで下落したが、その後は小幅に持ち直した。

朝方111.40円台だったドルは、仲値を挟んで110.83円まで下落した。安く始まった日経平均株価が下げ幅を拡大したことに加え、それまで下値を支えていた輸入企業のドル買い/円売りが一巡したことが要因となった。輸出企業のドル売り/円買いは観測されず、短期筋主導の取引だったとみられている。

市場からは「株安を見て円高、円高を見て株安となっている。ドルの売られ過ぎ感はあるが、目線が下方向に向いているのでチキンレース的についていかざるを得ない」(国内金融機関)との声が出ていた。

きょうは日本が三連休前の週末ということもあり、利食いやポジション調整が入りやすい。110.83円をつけた後は、正午にかけて朝方から下げた分をほぼ取り戻した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below