Reuters logo
ドル113円前半で方向感欠く、株価の戻り一服で
2016年3月8日 / 06:32 / 2年前

ドル113円前半で方向感欠く、株価の戻り一服で

 3月8日、午後3時のドル/円は、ニューヨーク午後5時時点に比べ、ドル安/円高の113.14/16円だった。写真はペルー・リマで昨年10月撮影(2016年 ロイター/Guadalupe Pardo)

[東京 8日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク午後5時時点に比べ、ドル安/円高の113.14/16円だった。午前中に中国貿易統計の弱い結果への思惑でいったん112円台後半に下落したが、午後は日経平均株価が下げを縮めるのを眺め、ドル/円も113円台に値を戻した。その後は株価の戻りが一服し、ドル/円も方向感が出なかった。

午前中の112円後半への下落で「いったん下攻めをやった印象」(国内金融機関)との声が聞かれた。日経平均株価や原油先物が後場に持ち直し、リスク回避ムードがやや和らぐと、ドル/円も一時113.25円に上昇した。

もっとも、112円台に下押しした場面でもドル買いの動きは強まらず「底堅いという様子ではない」(邦銀)との声も聞かれた。大引けにかけて株価の戻りが一服すると、ドル/円は113円前半で伸び悩んだ。

前日の海外時間から、株価や原油価格の堅調さに比べてドル/円は上値の重さが意識されており、投機筋の間ではあらためてドルショートのポジションをつくる動きも観測されたという。

欧州中央銀行(ECB)理事会や日銀会合、米連邦公開市場委員会(FOMC)といった重要イベントが来週にかけて予定されており「目先は方向感が出にくい」(邦銀)との声が聞かれた。

<朝方から上値重く>

ドルは、朝方の取引で113円半ばを試したが上抜けず、徐々に売りがかさんだ。日経平均が下げ幅を拡大する中で、ドルの上値は次第に重くなった。正午にかけては中国の2月の貿易統計が一段と弱い結果となるとの思惑から、113円を割り込んで1週間ぶり安値(112.75円)を付けた。

ドル/円相場は、上海株下落に歩調を合わせて下げ幅を拡大していたため、実際に統計が発表された後の値動きは限定的で、若干買い戻された。

2月の中国貿易収支は325.92億ドルの黒字と市場予想を下回った。輸出は前年比25.4%減と2009年5月以来最大の落ち込みとなった。輸入は前年比13.8%減で予想の10%減を上回る下げ幅となった。

ドル/円JPY=  ユーロ/ドルEUR=  ユーロ/円EURJPY=

午後3時現在 113.14/16 1.1015/19 124.63/67

午前9時現在 113.48/50 1.1011/15 124.96/00

NY午後5時 113.44/46 1.1013/15 124.95/99

為替マーケットチーム

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below