Reuters logo
正午のドルは102円後半、ドル買い一巡で伸び悩み
2016年8月31日 / 03:42 / 1年後

正午のドルは102円後半、ドル買い一巡で伸び悩み

[東京 31日 ロイター] - 正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の102.91/93円。月末のこの日は、仲値公示に掛けて実需のフローがあったほか、投機筋のショートカバーも誘発され、ドルは一時103.23円まで上昇。前日ニューヨーク市場の高値103.14円を上回った。

 8月31日、正午のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の102.91/93円。写真はブダペストで2011年11月撮影(2016年 ロイター/Laszlo Balogh)

しかし、ドル買い一巡後は、投機筋の間でも、週末に米雇用統計を控えた慎重さが目立ち、新規のドル買いが出なかったため、103円を若干下回る水準まで反落した。

この日はローゼングレン米ボストン地区連銀総裁が北京での討論会に、カシュカリ米ミネアポリス地区連銀総裁が「FRBと理事の役割」についての討議に参加する予定。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below