Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ユーロ1.1340ドル付近、ドラギマジックの再来でユーロが高騰
2017年6月27日 / 23:42 / 3ヶ月前

〔マーケットアイ〕外為:ユーロ1.1340ドル付近、ドラギマジックの再来でユーロが高騰

[東京 28日 ロイター] -

<08:34> ユーロ1.1340ドル付近、ドラギマジックの再来でユーロが高騰

ユーロ/ドルは1.1337ドル付近。

前日は、ドラギマジックの再来でユーロが1.13ドルを上抜けて1.1349ドル付近まで上昇し、東京時間早朝の取引でも昨年8月以来の高値圏での推移となっている。

「1.13ドルを抜けなければ、ユーロ売りの構えでよいと思っていた短期筋が多かったようだが、結局、上抜けたことで一段と上昇に弾みがついた」(外為アナリスト)という。

ユーロ/円はは現在127.22円付近。前日は124円台後半から127.47円まで上昇し、昨年4月以来の高値を付けた。

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は27日、大規模な債券買い入れや超低金利といったECBの政策を微調整する可能性を示唆した。

ECBの年次政策フォーラムで総裁は「すべての兆候はユーロ圏の景気回復の強まりと広がりを示している。デフレ圧力はリフレに変わった」と指摘。

そのうえで「しかしながら、インフレ基調が持続的かつ自律的になるためには、かなりの金融緩和が依然必要だ」とも述べた。

ウニクレディトのエコノミスト、マルコ・バリ氏は「きょうドラギ氏は、ECBの金融政策が2018年に今ほど緩和的でなくなることを示すための最初の一歩を踏み出した」と述べ、「予期せぬショックが起こらない限り、9月7日に予定されている理事会でECBは正式に(緩和)縮小を発表する可能性が高い」との見方を示した。

<07:50> ドルは111.60―112.80円の見通し、クロス円で円売られ過ぎの反動も

ドル/円は112.25円付近。ユーロ/ドルは1.1341ドル付近。ユーロ/円は127.24円付近。

前日の欧州時間には、欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁の発言をきっかけにユーロが大幅に上昇し、ユーロ/円や他のクロス円で大幅な円売りが進んだ。

ユーロ/円を中心とするクロス円での円売りの支援を受け、ドルは112.46円まで上昇し、5月17日以来、約1カ月ぶりの高値を付けた。

きょう28日については「前日はクロス円で円が売られ過ぎた感がある。クロス円での円売りの巻き戻しや、前日の米株安を受けて日経平均が下落すれば、112円を割り込む可能性がある」(外為アナリスト)との見方が聞かれる。

ただ、米国の経済指標が良かったことや、米長期金利が上昇したことで、下値リスクは拡大しにくいとみられている。

ECBのドラギ総裁は27日、大規模な債券買い入れや超低金利といったECBの政策を微調整する可能性を示唆した。市場では、ECBが9月にも緩和策の縮小を発表するとの観測が浮上した。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below