Reuters logo
〔マーケットアイ〕外為:ドル113.50―114.50円の見通し、トランプ氏長男の報道の余波続くか
2017年7月11日 / 23:10 / 3ヶ月前

〔マーケットアイ〕外為:ドル113.50―114.50円の見通し、トランプ氏長男の報道の余波続くか

[東京 12日 ロイター] -

<07:59> ドル113.50―114.50円の見通し、トランプ氏長男の報道の余波続くか    

ドル/円は113.89円、ユーロ/ドルは1.1470ドル、ユーロ/円は130.63円付近。

きょうの予想レンジはドル/円が113.50―114.50円、ユーロ/ドルが1.1410―1.1510ドル、ユーロ/円が130.10―131.10円。

前日、トランプ米大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏に関する報道や、ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事の発言などを受けて、ドル/円は下落しており、その余波が続くかに関心が集まっている。

きょうのドルは114円ちょうどを挟んでもみ合いそうだという。下値は前日安値113.72円と、前週末の米雇用統計発表後につけた安値113.50円が意識されるという。一方、上値は「国内実需筋のドル買いが入れば、午前中にも114円台を回復する可能性がある」(外為アナリスト)という。

海外ではイエレン米FRB議長の下院金融サービス委員会での証言、カナダ銀行(BOC、中央銀行)政策金利発表、米地区連銀経済報告、ジョージ米カンザスシティー地区連銀総裁が講演などがある。

トランプ・ジュニア氏は11日、昨年の米大統領選中にロシア人弁護士と会合したとされる問題を巡り、一連の電子メールを公開した。

一方、ブレイナードFRB理事は、バランスシートの縮小に着手したら、追加利上げを支持する前に、インフレの進捗状況を見極めたいとの考えを表明。「インフレ動向を注意深く見守りたい。インフレが確実に対称的な目標に回帰するよう、追加利上げには慎重を期すことが望ましい」とした。

全スポットレート(ロイターデータ)

アジアスポットレート(同)

欧州スポットレート(同)

通貨オプション

スポットレート(ロイター・ディーリング約定値)

スポットレート(日銀公表)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below