Reuters logo
東京マーケット・サマリー(23日)
2015年10月23日 / 09:17 / 2年後

東京マーケット・サマリー(23日)

<外為市場>

午後5時のドル/円 JPY=EBS は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べ、ドル安/円高の120円前半。午前は121円ちょうど付近まで上昇したが、午後は来週の金融政策イベントを控えて動きが鈍くなった。夕刻に入って、ドル/円はさらに水準を切り下げた。

-------------------------------------------------------------------------------

<株式市場>

東京株式市場で日経平均は急反発。一時479円高となり、取引時間中には8月31日以来となる1万8900円台を回復する場面があった。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が12月の追加緩和の可能性を示唆したことを受け、前日の欧米株が上昇。東京市場でも投資家心理が強気に傾き、金融株や不動産株などを中心に幅広く買われた。もっとも上昇幅の割には商いが盛り上がらず、市場では先行きに慎重な見方も出ている。

東証1部騰落数は、値上がり1575銘柄に対し、値下がりが247銘柄、変わらずが80銘柄だった。

-------------------------------------------------------------------------------

<短期金融市場> 

無担保コール翌日物金利の加重平均レートは、速報ベースで0.077%になった。

週末要因による調達需要で前日を小幅上回る見通った。朝方から、地銀、信託、証券を主な取り手に、0.075─0.077%を中心に取引され、一部で0.078%、0.079%付近で出合いを付けた。ユーロ円3カ月金利先物はしっかり。日銀の追加緩和に対する思惑から買われた。

日銀が実施した国庫短期証券(TB)買い入れは無難な結果となった。6カ月物を中心に、一部で1年物の新発債が落札されたとみられている。

-------------------------------------------------------------------------------

<円債市場> 

国債先物中心限月12月限は前日比4銭高の148円49銭と続伸して引けた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が12月の理事会で追加緩和を検討する可能性を示唆したことで前日の欧米債が買われた流れを引き継いだ。ドラギ総裁の発言を受けて、日銀も追加緩和に追い込まれるとの思惑が浮上し、海外勢などの買いを巻き込んで、12月限は一時148円54銭と1月26日以来、約9カ月ぶりの水準を付けた。

現物市場は長期・超長期ゾーンを中心に利回りが低下。10年最長期国債利回り(長期金利)は同0.5bp低い0.300%と10月15日以来の水準に低下した。

-------------------------------------------------------------------------------

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below