Reuters logo
前場の日経平均は6日続落、処分売り止まらず
2016年1月12日 / 02:55 / 2年前

前場の日経平均は6日続落、処分売り止まらず

[東京 12日 ロイター] - 前場の日経平均は前営業日比375円40銭安の1万7322円56銭となり、6日続落した。取引時間中に節目の1万7500円を割り込むのは昨年10月1日以来。連休中の欧米株市場が総じて軟調。前日の中国株も下落したことで、リスクオフの売りが先行した。

 1月12日、前場の日経平均は前営業日比375円40銭安の1万7322円56銭となり、6日続落した。都内で昨年12月撮影(2016年 ロイター/Toru Hanai)

懸念された12日の人民元の基準値設定はやや元高方向。上海、香港などの株式市場も底堅かったが、日本株下落に歯止めはかからなかった。

信用取引の高値期日に伴う処分売りが増えているとの見方が出ているほか、「原油安が世界経済の減速やオイルマネーの縮小を警戒させている面も大きい」(岡三オンライン証券チーフストラテジストの伊藤嘉洋氏)との声も出ていた。東証業種別指数は33業種すべてが値下がり。石油関連株、非鉄などの下げが大きかった。

東証1部の騰落数は、値上がり89銘柄に対し、値下がりが1810銘柄、変わらずが35銘柄だった。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below